行政書士会湖北支部業務研修会「相続法の改正ポイントについて」

 

 今日は午後から長浜市内にて行政書士会湖北支部の研修会と忘年会でした。

研修会のテーマは「相続法の改正ポイント」ということで、講師に長浜公証役場で公証人をおつとめ頂いています公証人の阿野純秀様でした。阿野公証人は以前に大津法務局長や神戸法務局長を歴任されており、土地家屋調査士会の総会などでお見かけしたことはありましたが、公証人として今年から長浜に来られたということをこの場で改めて実感しました。

 

 阿野公証人からは相続法の改正ポイントについて二時間にわたって詳細にご説明をいただきました。特に法務局にもかかわる点として公的機関(法務局)における自筆証書遺言の保管制度が創設された(遺言書保管法)とのことで、今後も関心をもって見守りたいと思います。

 ほかにも配偶者居住権の新設や遺産分割の見直しなど、実務家にとっては結構影響のある改正が多かったのだと遅まきながら勉強をさせていただきました。

 

 研修会の後は毎年恒例の懇親会(忘年会)でした。今日は恐らく忘年会の集中日だと思いますが、街中やJR駅でも焼き肉の匂いがそこかしこに漂っていましたね。

 

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜18:00