新着情報(西村土地家屋調査士・行政書士事務所ブログ)

2022年

8月

05日

地籍シンポジウムin滋賀 「新たな土地制度について考える」のご案内 

 

 個人的には久しぶりにがっつり関わらさせていただく事になりました「地籍シンポジウムIN滋賀」ですが、今回は「新たな土地制度について考える-今後の不動産の所有・管理はどう変わるのか?-」 と題して来月開催されます。

 滋賀県土地家屋調査士会のトップページから参加申し込みも可能ですので、ふるってご参加ください!

今回、総合司会をおつとめ頂く関西テレビの林弘典アナウンサーのファンです、という方も参加お待ちしています! 

 以下、ご案内です。

 -------------------------------------------------------------------------------------------------------

  この度、滋賀県土地家屋調査士会では恒例の地籍シンポジウムを開催させていただきます。

本シンポジウムでは、講師として不動産登記法や民法の改正に直接携わられた早稲田大学大学院法務研究科教授の山野目章夫先生、そして所有者不明土地問題のエキスパートである東京財団政策研究所の吉原祥子先生をお招きして開催いたします。

 ご存じの通り、日本国内で進む人口減少や高齢化社会の中で、一部の不動産において管理放棄や権利放置が進んでおり、社会環境の多様化に伴い、不動産に関わる手続きが困難なケースも生じております。

そこで本シンポジウムでは改正法や新法の施行を来年にひかえた今、『相続登記義務化でどうなるのか?』『要らない土地は国に返すことが可能になる?』といった法改正による具体的な効果について、まずは所有者不明土地問題等の解消にむけた新しい土地制度について学び、その意義を広くの方々に知っていただき、その中で土地家屋調査士の果たすべき社会的な役割を明らかにし、今後の社会にとって望ましい不動産の所有・取引・維持管理の展望を切り開くきっかけとしたいと考えています。

 

 

日時 令和4年9月2日(金)13:30~ 17:00 (受付開始 13:00より)

会場 米原市役所一階 市民交流エリア コンベンションホール(JR米原駅東隣) 

 

主催 滋賀県土地家屋調査士会

協賛 公益社団法人滋賀県公共嘱託登記土地家屋調査士協会

後援 日本土地家屋調査士会連合会 日本土地家屋調査士会連合会近畿ブロック協議会 滋賀県 米原市    

   大津地方法務局 滋賀県司法書士会 BBCびわ湖放送

   公益社団法人滋賀県宅地建物取引業協会 境界問題解決支援センター滋賀

 

13:30  

    総合司会 関西テレビアナウンサー 林弘典氏

 

    第1部 講演会 吉原祥子先生(東京財団政策研究所)   

        演題「所有者不明土地問題と政策動向――今後の課題と可能性」

 

    第2部 講演会 山野目章夫先生(早稲田大学大学院法務研究科教授)  

        演題「新しい土地制度――人々の暮らしと土地家屋調査士の仕事」

 

    第3部 質疑応答式のパネルディスカッション 

       

17:00 閉会

 

 ※時節柄、コロナウィルスの感染拡大状況によっては直前に開催形式等の変更等もあり得ますことをご了承願います。

 

2022年

7月

30日

虎姫田んぼアート「角大師」「虎胸キュン太」

 

 ここ最近はコロナの感染拡大が止まりませんが、疫病退散の神さま?でもある「角大師」の虎姫田んぼアートを中野山まで見に行ってきました。

 コロナの波もまだまだ終息が見えませんが、お盆前くらいにはピークアウトして欲しいなあ、というのが正直な思いです。

 

 なお、右にみえるのは虎姫学園のマスコット「虎胸キュン太」とのことです。新しいイメージキャラクターで、全くなじみがないのですが、最近卒業生が作成されたそうです。実際に、ちゃんと虎色にイネも黄色くなっており、いい感じですね~。

 

2022年

7月

23日

宅地建物取引士法定講習無事終了

 

 宅地建物取引士の法定講習を初めてWEBにて参加させていただきました。最後の○×式の試験も無事一回でパスして、新しい宅地建物取引士証の引換票もゲットできました。

 

 やっぱり会場から比較的遠めの方にとってはWEBは楽ですよね。丸一日の拘束は、やはりきついものがあいました。

 

 そういえば、講習では税金のことで一つ気になる情報がありました。現行制度において贈与税に認められている「110万円の非課税枠」が廃止される可能性がある、ということです。

 

 これまで散々、この制度を使用して土地(特に評価の低い農地など)の名義移転などもしてきましたが、廃止となるとこれは影響が出てきそうです。まだ決まった話ではないですが、国としては節税のための相続・贈与をなくしたいようですので、近い将来、非課税枠の廃止はあり得そうですね。インボイス制度なんかもあいまって、なんとも世知辛さを痛感するところです。

 

2022年

7月

18日

宅地建物取引士法定講習のWEB講習を受講

 

 宅地建物取引士の資格は五年に一度、必ず法定講習を受講する必要があります。私自身、土地家屋調査士・行政書士・測量士などの資格を登録させていただいておりますが、法定講習(更新講習)があるのは宅地建物取引士のみです。ただ、正直なところ宅建士を登録して以来、一度も宅建士としては業務を行ったことはなく、またその予定もないことから、完全なるペーパードライバーといったところなのですが、それでもやはりライセンスの証である「取引士証」もいただきたく、今月法定講習を申込みしました。

 

 これまでは大きな会議室に集合して、大勢で更新講習を一日がかりで受講していましたが、今回は初めてのWEB講習の申し込みをさせていただきました。

 

 このところコロナの感染状況もそれほどでもなかったですから、集合形式の方が手っ取り早かったような気もしていましたが、ここ数字の状況を鑑みますとやっぱりWEB講習でよかったと思います。

 

 更新講習の中身の受講はこれからですが、多岐にわたる項目となっています。五年に一度ではありますが此の際しっかり不動産について学び直し、事務所の業務にもフィードバックできればと思います。

  

2022年

7月

09日

日本土地家屋調査士会連合会公式Twitter開始記念キャンペーン

 

 日本土地家屋調査士会連合会が公式SNS(Twitter)開始記念キャンペーンを実施しています。

お題のハッシュタグ「#土地家屋調査士の仕事」を付けてツイートしよう。7/13の24:00までに「イイね!」獲得数上位3名様にQUOカード1000円分をプレゼント。

※Twitter限定企画

#日本土地家屋調査士会連合会

#土地家屋調査士

 

 私もTwitterのアカウントは登録していますが、一度も発信したことはありません。なかなか呟くのも勇気がいりますよね・・・。

 なお、FACEBOOKも登録して大変長~いのですが(おそらく土地家屋調査士業界の中では一番早かったのでは)、現状はほとんど見せていただくだけって言ったところです。今更友達申請もね、って感じもしていて、SNSとの向き合い方は難しいものです。

 

 そのうち、できればアクティブに活用しようとは思っていますが、これを機にTwitterを始められる方にとってはいい機会かもしれません。

 

ご挨拶

西村土地家屋調査士・行政書士事務所 代表者より

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は平成15年に土地家屋調査士を開業以来、地域密着をモットーに業務を行って参りましたが、平成27年9月より新しく滋賀県長浜市五村215番地に事務所を新築・移転致しました。(県道丁野虎姫長浜線沿い、ローソン長浜虎姫店北隣)

 改めてフレッシュな気持ちで滋賀県湖北地域を中心とした地域の皆様のお役にたてるよう、地域に必要とされる事務所になれるよう今後とも鋭意努力していく所存です。

 

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は「土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)」「行政書士」「測量士」「宅地建物取引士」その他の国家資格を生かしまして、不動産登記(各種建物登記・土地登記・ADR)や測量・境界確認、筆界特定制度による手続代理、遺言相続や遺産分割協議書、売買・賃貸借等各種契約書等権利義務に関する書類の作成、農地転用届出・許可申請の代理、里道水路の用途廃止や売払い(払下げ)など官公署に提出する書類の作成業務等をワンストップでお任せいただけくことができます。また十数年の経験に基づく他士業・他業種との地域ネットワークを生かした資産活用等のご提案が可能な点も当事務所の強みです。

 

 なお、このサイトでは不動産登記・土地家屋調査士業務に不可欠の知識である主に明治期に作成された地籍図や近代的土地所有権の確立と共に形成された筆界(土地境界)についての調査・研究成果もブログにて随時公開させていただいております。実務家である土地家屋調査士の皆様のみならず、広く市民の皆様や研究に携わる皆様、行政や民間企業で地籍に関わる皆様に、出来うる範囲で有意義な情報を提供させていただきたいと考えております。

 

 また、堅苦しい?土地家屋調査士・行政書士や地籍図のようなお仕事関係の話題以外にも西村土地家屋調査士・行政書士事務所にまつわるちょっとした日々の出来事や、滋賀県湖北地域(長浜市・米原市・彦根市等)でのイベント・トピックスをご紹介させていただいておりますので、心がホッと落ち着くような読み物ともなっています。

 

 では、お付き合いのほど宜しくお願い致します。

 

代表者 西村和洋(土地家屋調査士・行政書士・測量士・宅地建物取引士)

 

サービス案内

農地転用許可申請・届出について

 農地を農地以外の目的で利用しようとする場合、農地法に基づく農地転用許可が必要となります。

許可申請から終了まで安心してお手続きを進めていただけるよう行政書士として申請の代理をします。

開発行為について

 一定規模の開発行為を行うにあたって都市計画法上の用途区域や、建築基準法、農地法といった関連法規の規制などにも注意が必要です。滋賀県一円(長浜市・米原市・彦根市等)対応しています。


里道水路の払い下げについて

 当事務所では、隣地との調整が必要な境界確定(測量含む)から用途廃止申請・払下げ申請、土地表題登記(土地家屋調査士)に至るまでワンストップにてお手続きを代行させていただきます。

相続手続きについて

 全ての遺言書作成の支援、遺産相続においては、法的紛争段階にある事案や、遺産分割協議書や相続人関係説明図等の書類作成を中心に、その前提となる諸々の調査も含め、お引き受けします。


地籍・地籍図について(古地図鑑定)

 「地籍図」といわれる主に明治前期に作成された徴税のための古地図を専門に研究しています。地籍図は「公図」と言われる法務局所蔵地図のもとになるものです。他にも江戸時代の村絵図や山論・水論図、近代の測量図に至るまでご相談いただければ誠実にご対応させていただきます。

 特に土地境界鑑定や地図鑑定などは専門性も高い分野であり、弁護士事務所様からのご依頼をいただく等、司法の場においてもご活用頂いております。※上記は西村土地家屋調査士・行政書士事務所周辺の地籍図(壬申地券地引絵図)です。

土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士は表示に関する登記の専門家です。建物を新築・増築・取毀したときや、土地を分筆したいとき、土地の地目を変更したとき、境界がよくわからないときなど、土地家屋調査士は業として調査や測量を行ない、所有者に代わって登記申請を代理することを認められている唯一の国家資格者です。土地家屋調査士の使命は、不動産の状況を正確に登記記録に反映することによって不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった極めて公共性の高いものです。

行政書士とは

 行政書士は役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。幅広い分野をカバーする、街のよき相談相手が行政書士です。


事務所案内(西村土地家屋調査士・行政書士事務所)

所在地 〒529-0141 滋賀県長浜市五村215番地
営業時間 平日 9:00〜18:00 (土日も対応可)
電話番号 0749-73-3566    (休日対応可)
業務エリア 滋賀県内一円(主に長浜市・米原市・彦根市)ですが業務によっては全国対応可です

上は西村土地家屋調査士・行政書士事務所事務所内の相談スペースです

ゆっくりと、安心してご相談ください


ご相談・ご用命は西村土地家屋調査士・行政書士事務所まで

代表者 西村和洋

土地家屋調査士(民間紛争解決手続代理認定)・行政書士・測量士・宅地建物取引士

 

〒529-0141

滋賀県長浜市五村215番地 (県道丁野虎姫長浜線沿い ローソン長浜虎姫店北隣 念信寺南隣)

TEL:0749-73-3566 

(主な業務エリア 滋賀県長浜市・米原市・彦根市等、滋賀県一円)

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜17:00