新着情報(西村土地家屋調査士・行政書士事務所ブログ)

2020年

5月

27日

滋賀県土地家屋調査士会の定時総会が開催されました

 

 今日は午後から滋賀県大津市の司調会館会議室にて滋賀県土地家屋調査士会の第72回定時総会が執り行われました。当初はいつものようにホテルを会場に、懇親会もセットで開催を予定していましたが残念ながら折からのコロナ禍もあり、参加者も最低限に絞らさせていただき、会議室にて開催させていただきました。

 

 議事自体は非常に順調にすすみ、1時間もかからず無事に総会は終了しましたが、執行部としては楽ではあるものの、会員さんとストレートに向き合う、一番の通過儀礼である総会がこのような形式となったことにどこか寂しさも禁じえませんでした。さて、来年は通常開催が可能となっているのでしょうか。

 

 定時総会ですので今日は簡易な表彰式もあったのですが、かくいう私も連合会より感謝状を頂戴しました。生まれてこの方「感謝状」なるものを頂戴したことは記憶にありませんが、連合会の委員を務めると形式的にいただけるようです。

 振り返ると、2年間連合会の委員を務めさせていただくなかで、全国各ブロックの土地家屋調査士さんのお話をきかせていただき、勉強をさせていただけたことは大変刺激にもなりました。初の全国新人研修においても多くの出会いもありましたし、こちらこそ感謝したいという気持ちです。田舎ものですので、東京に足を運ぶ機会もちょくちょくあったことも、なんだかんだで嬉しかったです。

 

また心置きなく水道橋や神保町にうかがえるような社会に早く戻って欲しいと思う、今日この頃でした。

 

2020年

5月

20日

久々に大津に出かけてきました

 

 今日は滋賀県土地家屋調査士会の役員会の予定があり、一か月ぶりに大津に出かけてきました。ここ10年ほど、大津に行くのにこんなにスパンがあいたことはないかなー、といったところですが、ついでですので、いろいろ予定をぶっこんで帰ってきました。

 

 まず調査に訪れました滋賀県立公文書館は前身の県政史料室のときから大変お世話になっているのですが、改組のせいか資料請求のシステムが、個人情報などにも配慮した利用方法に代わりました。基本的にはネット上で絵図が閲覧できるなど便利になったのですが、慣れないせいかやや戸惑いつつ調査をしてきました。

 

 ついで、大津地方法務局の○○特定室に打ち合わせに行きました。コロナ禍もあり、出だしからちょっとつまづき気味の案件ですが、順調な処理に貢献したいと思います。

 

 最後に本丸の土地家屋調査士会の会議に。来週の定時総会にむけて確認事項を詰めていきました。他の会も同じだと思いますが緊急事態宣言もあり、通常のホテルなどの会場も確保できませんでした。そこで本会会議室にて出席者を事実上絞り、議事自体も内容はともかくとして、時間的には速やかに短く終えられるように配慮して、開催することが決まりました。

 こうなりますと会の総会の出席者数が理事会の参加者数よりも少なくなる予定となるのですが、まさかこんなことになるとは…。今更ながらコロナ禍の影響の大きさに愕然とします。そりゃ高校野球がなくなるくらいですから、土地家屋調査士会の総会なんて、ちっぽけなことですけどね。

 ただ仮に無事に総会が終了したとしても、本会事業そのものの遂行がかなり困難な状況が予想されます。比較的年齢の高い層には不評だったかもしれませんが、こんなご時世ですので果敢にオンライン会議やE-ラーニングなどを活用して会員さんに不利益・不都合がないように進めていきたいと思います。

 

 

2020年

5月

14日

コロナウイルス感染症の事業者緊急支援もいろいろ整ってきましたね

 

 今日は政府より39県の緊急事態宣言解除が発せられました。わが滋賀県も最近は新規の患者者さんはおられないようですので、当然解除の対象となっています。ただ今はその喜びよりも実際に社会はどの程度「コロナ前」に戻るのか、いわゆる第三波はいつ来るのか、防げるものか、不安で視界は曇ったままです。

 

 先日、長浜市商工会より「新型コロナウイルス感染症に伴う事業者への緊急支援」等のお知らせをいただきました。知り合いの事業主さん(土地家屋調査士や行政書士ではない)とお話したり、新聞紙上等々で少しは目にしていましたが、正直なところ私の事務所は今のところ売上面での影響はないことからかなり他人事でした。今回、改めて案内の内容を拝見しますと随分といろんな支援メニューが用意されているのですね。これだけのメニューとなると窓口となる行政や商工会等の職員さんは大変ご苦労なことと思います。

 

 いまは国・県・市とそれぞれのメニューをうまく組み合わせることにより、一般的な個人事業者の規模でしたら半年くらいは何とか持ちこたえることができるのかな?どうでしょうか。

 でも、事業者心理としては仕事がないのが一番つらい、これは共通して言えることだと思います。労働って嫌なことも多いのですが、生きがいでもあることは間違いありません。給付金や支援金ではなく、額に汗して対価を得る、当たり前の日常が待ち遠しいですね。

 

 

2020年

5月

05日

「分銅師」「文道師」「測量士」? ―「世田谷の土地」より―

 

 ゴールデンウイーク真っ最中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?今年は「ガマンウイーク」ということで、私もひたすら自宅と事務所を往復の日々です。おおよそ片道徒歩3分程度ですので、散歩には少し物足りないのですが、代わりに日がな一日何往復もしています。

 

 さて、先日もご紹介させていただきました「世田谷の土地―絵図と図面を読み解く―」ですが、P92に耳慣れない言葉が載っていました。

 地租改正事業に伴う測量や作図で、当時実地測量を担当したとされる鈴木久太夫について、現地測量を依頼した村役人の日記に「北沢村九太夫ト申文道師を頼ミ」とあるそうです。同書では「文道師」のことを「分銅師すなわち測量士」と推測されています。

 

 分銅については、もしかして測量機にある「下げ振り」からの発想かな?と思わないではないですが、多分そうではなくて普通に目方を量る分銅から、計量→測定→測量、みたいな連想でそう書いたのかな、と思いました。

 何分、測量士のことを文道なり分銅といった言葉で表現した事例を初めてみましたので、少し気になりました。なお、滋賀県ではその当時は公文書などによると「測量手」と表現しています。

 

2020年

4月

28日

司法書士試験は受付延期とのこと、土地家屋調査士試験は?

 

 今般のコロナウイルス感染症の対応で司法試験が延期になることはニュースでもやっていましたが、もう少しマイナー?な司法書士や土地家屋調査士の試験はどうなるだろうと思っていました。そんなところへ、7月実施予定の司法書士試験については「受験申請の受付延期」とのお達しが先週法務省より発信されました。

 

 なんか少しややこしいと言いますか、「受付延期」とは中途半端な感じでよくわからないのですが、要は試験の時期を後ろにずらす、ということなのでしょうね。たしかに7月ではやや時期的にも難しいとも思いますし、仮に実施するにせよ暑い時期なのでエアコンを入れる=三密となることから、ずばり換気もできる秋に延期かな~と勝手に予想します。そのためにとりあえず今は会場を選定中、といった感じではないでしょうか。100%私個人の推測ですので責任は持てませんが…。

 

 その点、土地家屋調査士は10月に実施予定ですので、比較的スケジュール的にも余裕はあります。また、これは褒められたことではないのですが最近受験生も減少しており、会場のスペース的にも余裕があることから普段より間隔をあけて席を確保することもたやすく、三密も避けやすいようには思います。

 ちなみに上の画像は私の手元にあった数少ない土地家屋調査士受験生当時のテキストからとりました。当時は毎年1万人以上の受験生がいたのですが、最近は出願ベースで5000人強といったところです。国家資格としては寂しい数字ですね。

 

 なお、行政書士や宅地建物取引士の様な大型資格(受験生が多いという意味で)は会場ももっと大規模なハコを用意する必要があるでしょうから、こちらの方が実際には対応が難しいとは思います。例年以上に会場を分散して実施するのでしょうか。

 ちなみに私は土地家屋調査士試験は滋賀女子短大、行政書士試験は膳所高校、宅地建物取引士は立命館大学BKCキャンパスでそれぞれ受験しました。なお、土地家屋調査士については口述試験は大阪法務局で実施されました。その際は近畿の筆記試験合格者が一堂に会し、くじ引きで決めた順番を同じ会場で待ちましたが、今年は時間をずらして別々に会場入りするのでしょうか。

 

 いずれにせよコロナウイルス感染症が一日も早く終息し、日常が戻ってくることを願うばかりです。そのためにも今は我慢、我慢の時なのでしょう。

 

ご挨拶

西村土地家屋調査士・行政書士事務所 代表者より

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は平成15年に土地家屋調査士を開業以来、地域密着をモットーに業務を行って参りましたが、平成27年9月より新しく滋賀県長浜市五村215番地に事務所を新築・移転致しました。(県道丁野虎姫長浜線沿い、ローソン長浜虎姫店北隣)

 改めてフレッシュな気持ちで滋賀県湖北地域を中心とした地域の皆様のお役にたてるよう、地域に必要とされる事務所になれるよう今後とも鋭意努力していく所存です。

 

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は「土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)」「行政書士」「測量士」「宅地建物取引士」その他の国家資格を生かしまして、不動産登記(各種建物登記・土地登記・ADR)や測量・境界確認、筆界特定制度による手続代理、遺言相続や遺産分割協議書、売買・賃貸借等各種契約書等権利義務に関する書類の作成、農地転用届出・許可申請の代理、里道水路の用途廃止や売払い(払下げ)など官公署に提出する書類の作成業務等をワンストップでお任せいただけくことができます。また十数年の経験に基づく他士業等とのネットワークを生かした資産活用等のご提案が可能な点も当事務所の強みです。

 

 なお、このサイトでは不動産登記・土地家屋調査士業務に不可欠の知識である明治期に作成された地籍図についての調査・研究成果もブログにて随時公開させていただいております。実務家である土地家屋調査士の皆様のみならず、広く市民の皆様や研究に携わる皆様、行政や民間企業で地籍に関わる皆様に、出来うる範囲で有意義な情報を提供させていただきたいと考えております。

 

また、堅苦しい?土地家屋調査士・行政書士や地籍図のようなお仕事関係の話題以外にも西村土地家屋調査士・行政書士事務所にまつわるちょっとした日々の出来事や、滋賀県湖北地域(長浜市・米原市・彦根市等)でのイベント・トピックスをご紹介させていただいておりますので、ちょっと心がホッとするような読み物ともなっています。

 

 どうぞ末永いお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

代表者 西村和洋(土地家屋調査士・行政書士・測量士・宅地建物取引士)

 

サービス案内

農地転用許可申請・届出について

 農地を農地以外の目的で利用しようとする場合、農地法に基づく農地転用許可が必要となります。

許可申請から終了まで安心してお手続きを進めていただけるよう行政書士として申請の代理をします。

開発行為について

 一定規模の開発行為を行うにあたって都市計画法上の用途区域や、建築基準法、農地法といった関連法規の規制などにも注意が必要です。滋賀県一円(長浜市・米原市・彦根市等)対応しています。


里道水路の払い下げについて

 当事務所では、隣地との調整が必要な境界確定(測量含む)から用途廃止申請・払下げ申請、土地表題登記(土地家屋調査士)に至るまでワンストップにてお手続きを代行させていただきます。

相続手続きについて

 全ての遺言書作成の支援、遺産相続においては、法的紛争段階にある事案や、遺産分割協議書や相続人関係説明図等の書類作成を中心に、その前提となる諸々の調査も含め、お引き受けします。


地籍・地籍図について(古地図鑑定)

 「地籍図」といわれる主に明治前期に作成された徴税のための古地図を専門に研究しています。地籍図は「公図」と言われる法務局所蔵地図のもとになるものです。他にも江戸時代の村絵図や山論・水論図、近代の測量図に至るまでご相談いただければ誠実にご対応させていただきます。

 特に土地境界鑑定や地図鑑定などは専門性も高い分野であり、弁護士事務所様からのご依頼をいただく等、司法の場においてもご活用頂いております。※上記は西村土地家屋調査士・行政書士事務所周辺の地籍図(壬申地券地引絵図)です。

土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士は表示に関する登記の専門家です。建物を新築・増築・取毀したときや、土地を分筆したいとき、土地の地目を変更したとき、境界がよくわからないときなど、土地家屋調査士は業として調査や測量を行ない、所有者に代わって登記申請を代理することを認められている唯一の国家資格者です。土地家屋調査士の使命は、不動産の状況を正確に登記記録に反映することによって不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった極めて公共性の高いものです。

行政書士とは

 行政書士は役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。幅広い分野をカバーする、街のよき相談相手が行政書士です。


事務所案内(西村土地家屋調査士・行政書士事務所)

所在地 〒529-0141 滋賀県長浜市五村215番地
営業時間 平日 9:00〜18:00 (土日も対応可)
電話番号 0749-73-3566    (休日対応可)
業務エリア 滋賀県内一円(主に長浜市・米原市・彦根市)ですが業務によっては全国対応可です

上は西村土地家屋調査士・行政書士事務所事務所内の相談スペースです

ゆっくりと、安心してご相談ください


ご相談・ご用命は西村土地家屋調査士・行政書士事務所まで

代表者 西村和洋

土地家屋調査士(民間紛争解決手続代理認定)・行政書士・測量士・宅地建物取引士

 

〒529-0141

滋賀県長浜市五村215番地 (県道丁野虎姫長浜線沿い ローソン長浜虎姫店北隣 念信寺南隣)

TEL:0749-73-3566 

(主な業務エリア 滋賀県長浜市・米原市・彦根市等、滋賀県一円)

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜17:00