新着情報(西村土地家屋調査士・行政書士事務所ブログ)

2020年

1月

17日

土地家屋調査士会長浜支部研修会と司法書士会との合同新年会でした

 

 今日は夕方から滋賀県土地家屋調査士会長浜支部・支所合同の研修会と司法書士会長浜支部との合同新年会でしたので出席してきました。

 

 研修会は長浜公証人役場の阿野先生をお招きして、相続法の改正のポイントについてお話をしていただきました。実は先月も行政書士会湖北支部の研修でも同じお話をうかがっているのですが、今回はおさらいということになります。

 土地家屋調査士としてはやはり、法務局で今年新たにスタートする「自筆証書遺言の保管制度」が気になるところです。この制度はおそらく多くの国民が今後利用されると思われるのですが、もしかして近い将来には法務局は不動産登記手続きをするところでなく、遺言書を保管するところ、なんてイメージが一般的になる時代が来るのかもしれませんね。

 

 研修会の後は会場を移動して、司法書士会との合同新年会です。今年でこの形式も10年目とのお話が支部長よりありました。何となく10年前のことも覚えていますが、時がたつのは早いものですね。近年は長浜駅隣の〇民で開催されていましたが、今回は少しグレードをあげたお店が会場となりましたので、参加者も普段の年より多かったかな、という気がします。

 土地家屋調査士とはともかく、同じ登記手続きの代理を行う資格者でありつつ、司法書士さんとまとまった交流もこの年一回の新年会のみというのが現状です。それでも、こうした場がもて、お付き合いさせていただけることは、他の支部にはない長浜支部の大変すばらしい特徴だと思います。

 

 ご担当いただきました支部支所、そして司法書士会の役員の皆様、ありがとうございました。

  

2020年

1月

15日

2020年農林業センサス農林業経営体調査の統計調査員をしています

 

 わが国の農林業の実態を明らかにすることを目的とした「農林業センサス」の調査が現在行われていますが、かくいう私も統計調査員として現在当該地区の調査を昨年末より行っています。昨日も市役所では調査員に支給された鞄を抱えた方が何人かウロウロされていました。私は土地家屋調査士や行政書士の業務のついでで担当の職員さんに調査について少しだけご相談をさせていただきましたが、皆さん大変ですね。

 

 そもそも私の地区は「農林業」とはいうものの林業は土地柄的に全く該当せず、農業も実際には細々と経営しておられる兼業農家のみであり、調査は比較的楽ではあるのですが、それでも慣れないせいもあって手間取っています。

 少ないながら調査員には報酬も出るようですが実際は焼け石に水のようなもので、社会的にも全く注目されない縁の下の力持ちみたいな活動です。でも昨年は統計偽装問題などもありましたし、日本農業の今後を考えると大事な役割をもつ調査ですね。

 

2020年

1月

08日

滋賀県社会保険労務士会の新春賀詞交歓会に出席してきました

 

 本日は滋賀県草津市内にて開催されました滋賀県社会保険労務士会主催の令和二年新春賀詞交歓会に出席してまいりました。私は社会保険労務士ではありませんが、滋賀県土地家屋調査士会に対してお招きをいただきまして、本来は会長が出席すべきところ所用にて私が代理にて出席させていただいたという次第です。

 

 さすがに賀詞交歓会だけあって来賓のご挨拶が一時間以上にわたって続きましたが、国会議員や上の写真にもありますように三日月大造滋賀県知事のご臨席もあり、大変賑やかな催しとなっていました。また旧知の社会保険労務士の先生方とも数年来ぶりにご挨拶ができたことも個人的には良かったです。

 

 今日は普段参加させていただく事の多い土地家屋調査士や行政書士とは違う「社会保険労務士」さんを取り巻く環境の変化や課題も垣間見れたような気がします。特に何名かの御来賓が「働き方改革」について触れられていましたが、何のための「働き方改革」なのか、社会的にもその意味をもっとかみしめていく必要があると感じました。

 

2020年

1月

01日

新年あけましておめでとうございます!

 

 新年あけましておめでとうございます!

 皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。

また、旧年中は多大なるご支援とご指導、ご鞭撻をいただきました方々に厚く御礼申し上げます。本年も一層のサービス向上に努めて参りますので、より一層のお引立てを賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

 振り返りますと旧年は業務でもプライベートでもいろいろと節目の年になりました。果たして今年はどうなりますやら…。いつの間にやら4度目の年男ということで、公私共に充実した一年になりますように。

 

 本日は元旦というとこで地元日前神社の「元旦祭」に参加させていただきました。自治会長として区民の皆様のご健康とご多幸を最優先に祈願させていただきましたが、今日は天候もよく、寒さに震えることなく神事を終えさせていただき大変ありがたかったです。

 

 なお、「西村土地家屋調査士行政書士事務所」の業務開始については年明け1月6日からと予定しています。ただ、特に遠出の予定もありませんので積もった課題を片付ける正月になりそうです。

 

2019年

12月

26日

大津地方裁判所で刑事裁判の傍聴をしてきました

 

 昨日は土地家屋調査士会の関係で、かねてより申し入れしていました大津地方裁判所での刑事事件の傍聴に参加してきました。

 

 今回裁かれる事件は無免許でバイクを運転したとのことで(しかも複数回)、よくあるパターンの刑事事件なのでしょうね。それでも実際に被告が手錠や腰縄をつけて入廷されてきた様子を見て「ドラマみたいだな…」と思いました。ニュースで映像が流れる法廷のシーンはそこそこ大きい部屋が映りますが、今回のような社会的な注目はゼロ?のような裁判では精々頑張っても傍聴者が30名でいっぱいになるようなキャパシティでした。

 

 個人的には大学生のときに法学部棟に法廷を模した教室があり何度か入ったことがありましたが、さすがに実際は教室とは違って緊張感がありました。また裁判官や弁護士の先生からの発言は直接はそうしたことは言われないものの、被告には今後何とか立ち直って欲しいという思いを感じることができました。裁判官はかなり若い方とお見受けしましたが、意外と人情味の出るものなんですね。いずれにせよ見るのも聞くのも今回が初めて裁判傍聴でしたのでいろいろと興味深い体験になりました。

 

 なお、裁判所内は敷地内はすべて写真撮影不可とのことでしたので、敷地外から写真は撮影しています。

 

ご挨拶

西村土地家屋調査士・行政書士事務所 代表者より

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は平成15年に土地家屋調査士を開業以来、地域密着をモットーに業務を行って参りましたが、平成27年9月より新しく滋賀県長浜市五村215番地に事務所を新築・移転致しました。(県道丁野虎姫長浜線沿い、ローソン長浜虎姫店北隣)

 改めてフレッシュな気持ちで滋賀県湖北地域を中心とした地域の皆様のお役にたてるよう、地域に必要とされる事務所になれるよう今後とも鋭意努力していく所存です。

 

 西村土地家屋調査士・行政書士事務所は「土地家屋調査士(ADR認定土地家屋調査士)」「行政書士」「測量士」「宅地建物取引士」その他の国家資格を生かしまして、不動産登記(各種建物登記・土地登記・ADR)や測量・境界確認、筆界特定制度による手続代理、遺言相続や遺産分割協議書、売買・賃貸借等各種契約書等権利義務に関する書類の作成、農地転用届出・許可申請の代理、里道水路の用途廃止や売払い(払下げ)など官公署に提出する書類の作成業務等をワンストップでお任せいただけくことができます。また十数年の経験に基づく他士業等とのネットワークを生かした資産活用等のご提案が可能な点も当事務所の強みです。

 

 なお、このサイトでは不動産登記・土地家屋調査士業務に不可欠の知識である明治期に作成された地籍図についての調査・研究成果もブログにて随時公開させていただいております。実務家である土地家屋調査士の皆様のみならず、広く市民の皆様や研究に携わる皆様、行政や民間企業で地籍に関わる皆様に、出来うる範囲で有意義な情報を提供させていただきたいと考えております。

 

また、堅苦しい?土地家屋調査士・行政書士や地籍図のようなお仕事関係の話題以外にも西村土地家屋調査士・行政書士事務所にまつわるちょっとした日々の出来事や、滋賀県湖北地域(長浜市・米原市・彦根市等)でのイベント・トピックスをご紹介させていただいておりますので、ちょっと心がホッとするような読み物ともなっています。

 

 どうぞ末永いお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

 

代表者 西村和洋(土地家屋調査士・行政書士・測量士・宅地建物取引士)

 

サービス案内

農地転用許可申請・届出について

 農地を農地以外の目的で利用しようとする場合、農地法に基づく農地転用許可が必要となります。

許可申請から終了まで安心してお手続きを進めていただけるよう行政書士として申請の代理をします。

開発行為について

 一定規模の開発行為を行うにあたって都市計画法上の用途区域や、建築基準法、農地法といった関連法規の規制などにも注意が必要です。滋賀県一円(長浜市・米原市・彦根市等)対応しています。


里道水路の払い下げについて

 当事務所では、隣地との調整が必要な境界確定(測量含む)から用途廃止申請・払下げ申請、土地表題登記(土地家屋調査士)に至るまでワンストップにてお手続きを代行させていただきます。

相続手続きについて

 全ての遺言書作成の支援、遺産相続においては、法的紛争段階にある事案や、遺産分割協議書や相続人関係説明図等の書類作成を中心に、その前提となる諸々の調査も含め、お引き受けします。


地籍・地籍図について(古地図鑑定)

 「地籍図」といわれる主に明治前期に作成された徴税のための古地図を専門に研究しています。地籍図は「公図」と言われる法務局所蔵地図のもとになるものです。他にも江戸時代の村絵図や山論・水論図、近代の測量図に至るまでご相談いただければ誠実にご対応させていただきます。

 特に土地境界鑑定や地図鑑定などは専門性も高い分野であり、弁護士事務所様からのご依頼をいただく等、司法の場においてもご活用頂いております。※上記は西村土地家屋調査士・行政書士事務所周辺の地籍図(壬申地券地引絵図)です。

土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士は表示に関する登記の専門家です。建物を新築・増築・取毀したときや、土地を分筆したいとき、土地の地目を変更したとき、境界がよくわからないときなど、土地家屋調査士は業として調査や測量を行ない、所有者に代わって登記申請を代理することを認められている唯一の国家資格者です。土地家屋調査士の使命は、不動産の状況を正確に登記記録に反映することによって不動産取引の安全の確保、国民の財産を明確にするといった極めて公共性の高いものです。

行政書士とは

 行政書士は役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。幅広い分野をカバーする、街のよき相談相手が行政書士です。


事務所案内(西村土地家屋調査士・行政書士事務所)

所在地 〒529-0141 滋賀県長浜市五村215番地
営業時間 平日 9:00〜18:00 (土日も対応可)
電話番号 0749-73-3566    (休日対応可)
業務エリア 滋賀県内一円(主に長浜市・米原市・彦根市)ですが業務によっては全国対応可です

上は西村土地家屋調査士・行政書士事務所事務所内の相談スペースです

ゆっくりと、安心してご相談ください


ご相談・ご用命は西村土地家屋調査士・行政書士事務所まで

代表者 西村和洋

土地家屋調査士(民間紛争解決手続代理認定)・行政書士・測量士・宅地建物取引士

 

〒529-0141

滋賀県長浜市五村215番地 (県道丁野虎姫長浜線沿い ローソン長浜虎姫店北隣 念信寺南隣)

TEL:0749-73-3566 

(主な業務エリア 滋賀県長浜市・米原市・彦根市等、滋賀県一円)

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜18:00