「幻の地籍調査の名残か」? 中国新聞記事より

 先日、FACEBOOKの、とあるグループでこんな記事が紹介されていました。平成30年12月8日の中国新聞の記事だそうです。

 

 広島市中区の江波皿山公園にある明治期の標石が、着手後すぐに中止された広島県による「幻の地籍調査」の名残とみられることが専門家の調査で分かった。戦前の地籍調査の痕跡は全国でもほとんどなく、貴重という。(記事より)

 

 要は明治初期に実施された内務省主導による「地籍編纂事業」のために使用した測量基準点が見つかった、とのことですが個人的には少々疑問は残りました。当時、これまた内務省の事業である「大三角測量」と混同してはいないのかな…と思いましたが、地形図を作るための測量三角点とは形状が違うとのことですので、正解はわかりません。ただ、、標石が貴重なものであることには代わりないんですけどね。

 

 それにしても「幻の地籍調査」とは、これ如何に?

 

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜18:00