宅地建物取引士の法定講習を受講してきました

 今日は朝から彦根市内にて開催されました宅地建物取引士の法定講習を受講してきました

五年に一度この講習を受講しないと「宅地建物取引士」を名乗れなくなりますから、宅建業に従事する宅建士にとっては必須研修ということになります

 

 五年前にも受講しましたがその時は未だ名称は「宅地建物取引主任者」でした その後、平成26年の法改正で「宅地建物取引士」となり、いわゆる「士業」となったのと引き換えに、責任もそれだけ重いものにななりました

 なお、わたしがこれまで所持していた資格証は、今日まで書き換えできずに「主任者」でしたので、今回の書き換えでようやく晴れて宅地建物「取引士」になることができました!

 

 講習には不動産鑑定士・税理士・弁護士と士業の先生方に講師を担当頂き、みっちりと昨今の不動産を巡る法令改正や税金の注意点、裁判事例などをご解説いただきました 特に不動産鑑定士の講師からのお話では小泉内閣の時から規制が緩み、都市再開発が早くなったとのお話や、居住誘導区域の指定のお話など大変興味深く拝聴いたしました

 講習のテキストは写真でも分かるように、これだけの厚みがありますので、全体として内容もそれなりに大変な密度でした 

 宅建士も大変ですね~(他人事のようですが…)

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜18:00