長浜城歴史博物館「湖北の村々の景観」企画展開催中です

 長浜城歴史博物館にて「湖北の村々の景観」企画展が開催されております。昨年も同じテーマの企画展が開催されておりましたが、本年も長浜市内の違う地域の地籍図が何点か拝見できるとのことで早速見学に行ってきました

 今年もいくつか興味深い地籍図がありました。例えば旧浅井町内保地区のものは現在も内保自治会所蔵のようですが、畳何畳分もの大きさで見応えもあり、地籍とはあまり関係のない水利関係の判例が表示されていたことが特徴的でした。また旧余呉町中河内地区の地籍図は年紀も入っていませんでしたので作製年代など詳細は不明ですが、福井県境という山間部の地域での地籍図ということで、おそらく最初に特徴的な地形である山や谷を絵画的に書き分け、そこに宅地や農地を附属物的にくっつけて書き分けるという興味深い図(おそらく壬申地券地引絵図)でした。あと総合的に拝見して、壬申地券地引絵図に等級を書き足しただけの地租改正地引絵図が本当に多いなあ、という感想を持ちました。

 最後に一般の来館者の方が旧びわ町富田地区の地籍図をみて「京都の町家と同じで細長く短冊形だね」と分析?論評?されていたのが印象に残りました。(短冊形なのは水田の地割で、町家とは意味が根本的に違います。しかし条里の地割がよく残っているという意味ではわからないではありません)そんなことからも地籍図の保存と活用は現代の社会にとって大変重要なことではないか、と感じた次第です。

初回のみ相談料無料

 お気軽にご相談下さい! 夜間・ 土日祝日も事前予約で対応可です

西村土地家屋調査士・行政書士事務所

滋賀県長浜市五村215番地

TEL:0749-73-3566 

受付:平日9:00〜18:00